オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
除去したい時に
綺麗な素肌

おしゃれに見えたから、かっこよく見えるからなど、その時の気分やその場の雰囲気や勢いで刺青やタトゥーを入れてしまった人もいるかと思います。
そして刺青やタトゥーを入れてから月日が経つと、その模様がおしゃれでは無くなったとか飽きて、そのためそれが邪魔になったとか感じてしまうことが日本ではあります。
そういった状況に置かれてしまった時は思い切って刺青やタトゥーを除去してしまいましょう。
もちろん除去するという行為もその時の気分や勢いでするものではありません、しっかりと考えた上でその決断に踏み切るべきです。
刺青やタトゥーを除去するための一般的な方法はやはりきちんと病院にいって診察をしてもらい除去をすることです。
近所にある何処の病院でも除去をやってくれるとは限りません、そのためきちんと除去を行なっているか下調べをして、評判の良い病院を選んで医者に診察してもらえば大きさや形に最適な方法で対処してもらえるでしょう。

除去について

最近ではファッションの一部として体に刺青やタトゥーを行っている人がたくさんいます。
一般化しているとは言っても、現在では公衆浴場やゴルフ場や遊園地などでは入場が断られると言うところも多くなっています。
このように社会生活上の不便を感じると言うことがたくさんあり、就職や結婚の際にもそれが足を引っ張ることもあるでしょう。
したがってこのようなときに、刺青やタトゥーの除去を希望するという人が多くなってきているのです。

現在では皮膚科でのレーザー治療が主流となっていますが、最初からこのような方法で行われていたということではありません。
刺青は皮膚に色素を埋め込むというような形で行われていますが、除去が行われた当時はこの色素を取り除くと言うことができず、皮膚を切除したり植皮という方法が行われてきました。
しかしこれらの外科的手術では痛みを伴い傷跡が残ると言うことで普及しませんでした。
そこで1980年代よりレーザーを使った治療が行われるようになったのですが、ケロイドが残るなどの副作用が見られていました。
その後1990年代には現在のような治療が確立されてきたのですが、青や黄色には反応しないと言うことで問題が残っていました。
そこで現在では複合レーザー治療という方法が考案されています。
この方法ではケロイドなどの副作用の心配がなくきれいに除去することができるようになり、医学の進歩によって飛躍的に刺青やタトゥーの除去ができるようになっています。